2021/09/05:9月の祝日により影響を受けるXMの取引時間を更新しました。詳細はコチラです。

XM資金移動/振替の方法と注意点|作業時間1分・即時口座反映

XMTradingの資金移動・振替マニュアル完全版

「XM口座間の資金移動/振替のやり方は?」
「資金移動した場合ボーナスはどうなるの?」
「XMの資金移動の反映時間はどれぐらい?」

XM口座間の資金移動は、XM会員ページから行います。
1分程度の作業時間で資金移動申請が可能XM口座への反映時間も即時なので、XMで追加口座を開設した場合は新たに入金するより簡単です。

\ 公式サイトのログイン画面が開きます /
XMへのログインはこちら
XM資金移動の流れ
  1. XM会員ページにログイン
  2. 「資金振替」を選択
  3. 資金移動先の口座番号と金額を入力
  4. 「リクエスト送信」を選択

XMでの資金移動は簡単にできますが、「資金移動時にボーナスクレジットも動く」など注意点もいくつかあります。

海外FXターミナル長ターミナル長

そこで今回の記事では、XMで資金移動する具体的な方法と、資金移動に関する注意点や疑問点を解説していきます。

▼XM追加口座の開設方法は以下の記事で解説

XM追加口座の開設方法と注意事項とメリットXM追加口座の開設方法と複数運用のポイント|スマホ版もこちら

▼XM口座への入金方法は以下の記事で解説

XM入金方法をわかりやすく解説XM入金方法の違いと手順【2021年最新ルール】手数料や時間は?

海外FXターミナル長ターミナル長

「すぐに資金移動したい」という方向けに、まずは資金移動の方法から解説します。
「初めて資金移動する」という方は、後述のXM資金移動の基礎知識を先に確認して下さい。

XM口座で資金移動/振替する方法

XM口座で資金移動/振替する方法

XMで別口座に資金を移動させる手順は以下の通りとなります。

資金移動の手順
  1. XM会員ページにログイン
  2. 資金移動元のオプションを開く
  3. 資金振替を選択
  4. 資金移動先の口座IDと入金額を入力
  5. 資金移動が完了
STEP.1

XM会員ページにログイン

まずはXM会員ページにログインします。
以下のボタンからXMログイン画面に進んでください。

\ ログイン画面が開きます /
XM会員ページはこちら

ログイン画面に入ったら、そのままIDパスワードを入力してログインして下さい。

XMTrading会員ページへのログイン方法

STEP.2

資金移動元のオプションを開く

XM会員ページにログインすると、「マイアカウントの概要」という項目に保有中の口座の一覧が表示されています。

XM口座の一覧から「資金移動となる口座」の項目のオプションを選択するをクリックして下さい。

XMTrading会員ページ内の資金移動元口座のオプション選択ボタン

XM会員ページにログインして少し下にスクロールすると、保有中のXM口座の一覧が並んでいます。

▼口座の一覧から資金移動となるXM口座をタップして下さい。

資金移動元となるXMTrading口座が表示されたスマホ画面

▼タップした口座の詳細が展開するのでオプションを選択するをタップして下さい。

スマホに表示された資金移動元となる口座の「オプションを選択する」ボタン

STEP.3

資金振替を選択

展開したオプションメニューから資金振替をクリックして下さい。

XMTrading会員ページの資金振替ボタン

▼展開したオプションメニューから資金振替をタップして下さい。

スマホ表示された資金振替ボタン

STEP.4

資金移動先の口座IDと入金額を入力

すると「口座間の資金移動」という画面が表示されます。

入金口座IDの項目をクリックして、「資金移動となる口座」を選択して下さい。
入金額(JPY)には、「資金移動する金額」を入力して下さい。

資金移動できる最低金額は500JPYです。

資金移動先の口座IDと入金額を入力したPC画面

IDと金額の入力ができたら、リクエスト送信をクリックして下さい。

入金口座IDでは「資金移動となる口座」を選択、
入金額(JPY)には、「資金移動する金額」を入力します。

資金移動先の口座IDと入金額を入力したスマホ画面

資金移動できる最低金額は500JPYです。

口座IDと金額の入力ができたら、リクエスト送信をタップして下さい。

STEP.5

資金移動完了

入力内容に問題が無ければ「リクエストが正常に実行されました」と表示されます。

スマホのXMTrading口座間の資金移動完了画面

PCのXMTrading口座間の資金移動完了画面

同時に「内部送金に関するお知らせ」というメールがXMから届きます。

XMTradingから届く資金移動完了メール

以上でXM口座間の資金移動は完了です。

XM会員ページかMT4/5にログインして、資金が正常に移動されているか確認を行ってみて下さい。

\ ログイン画面が開きます /
XM会員ページはこちら

海外FXターミナル長ターミナル長

XMの資金移動のやり方は以上です。
次はXM資金移動の知識を解説していきますのでご一読下さい。

XM資金移動の基礎知識

XM資金移動の基礎知識

XM口座間の資金移動には、以下の3つのルールが設定されています。

  1. 資金移動できる金額は最低500円
  2. 基本通貨が異なる場合は手数料が発生
  3. 維持率が大きく落ちる金額は資金移動できない

それでは、上から順番に詳しく見ていきましょう。


資金移動できる金額は最低500円

XMTradingで資金移動できる最低金額は500円となっています。

500円未満の金額を入力すると、以下のように警告が表示されて資金移動できないので注意しましょう。

500円以下の資金移動を指定したXMページ

500円以下を指定したXMページのスマホ画面

ちなみに、資金移動元がUSD口座の場合は5USDEUR口座の場合は5EURが資金移動できる最低金額となります。


基本通貨が異なる場合は手数料が発生

XM口座間の資金移動は手数料無料です。

ただし、資金移動元と資金移動先の基本通貨が異なる場合は、0.3%の為替手数料が発生します。

0.3%と言うのは、1万円の移動送金につき30円程度です。
少額の資金移動なら気にならないレベルですが、高額の資金移動を行う場合は注意しましょう。

資金移動時の両替レートについて

基本通貨が異なる口座間の資金移動では、ECB(European Central Bank/欧州中央銀行)の為替レートに基づいたレートで資金が両替されます。

資金移動画面で他通貨口座を選択し、入金額に金額を入力すると、リクエスト送信ボタンの上部に両替後の金額が表示されます。

両替後の金額が表示されるPC画面

両替後の金額が表示されるスマホ画面

「リクエスト送信」ボタンを押すと、即資金移動が行われるので、両替後の金額をよく確認するようにして下さい。


維持率が大きく落ちる金額は資金移動できない

XMはポジションの保有中でも、資金移動する事が可能です。

ただし、資金移動後の証拠金維持率が大きく落ち込む場合は資金移動できないので注意が必要です。

具体的な維持率の基準は、資金移動するのが平日か週末かで変化します。

証拠金維持率何%以下に落ち込むと資金移動できない?

  • 平日維持率150%以下になる金額は資金移動できません。
    平日 = 日本時間で「月曜日08:00~土曜日06:50(サマータイム中は月曜日07:00~土曜日05:50)」です。
  • 週末維持率400%以下になる金額は資金移動できません。
    週末 = 日本時間で「土曜日06:50~月曜日08:00(サマータイム中は土曜日05:50~月曜日07:00)」です。

XM公式サイトでは明記されていませんが、XMが休業となる特定の祝日においても、「維持率400%以下になる資金移動」ができない可能性もあります。

XMが休業となる祝日は、基本的にクリスマスや年末年始です。
XMが休業を発表した際は、以下の記事でお知らせするので参考にして下さい。

▼XMの祝日対応や取引時間に関する最新情報は以下の記事で解説

XM取引時間XM取引時間の日本時間【全銘柄】&2021サマータイムの影響

ポジション保有中に資金移動できる金額の計算方法

「証拠金維持率が150%を下回る金額は資金移動できない」と言われても、ピンと来ない方が多いのではないでしょうか?

それより具体的にいくらの金額が資金移動できるのかを知りたいという方が多いかと思います。

そこで、ポジション保有中に資金移動できる金額の計算方法を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

ポジション保有中に資金移動できる金額の計算方法

有効証拠金 – 必要証拠金 × 1.5 = 資金移動できる金額

※週末の資金移動は維持率400%が基準になるので、「1.5」を「4」に変更して下さい。

▼クリックで展開

▼タップで展開

なぜこの式で資金移動できる金額がわかるの?

FX初心者の内は、有効証拠金の増減に伴う維持率の変化が、感覚的にわかりにくいかと思います。

維持率の変化を感覚的に捉えるには、「有効証拠金と必要証拠金が同額になると、維持率は100%になる」という法則を覚えておくと良いでしょう。

必要証拠金の合計と有効証拠金が同額になる(=余剰証拠金が0になる)と、証拠金維持率が100%になる図

有効額と必要証拠金が同額になるPC版MT4/MT5

有効証拠金が必要証拠金の2倍になった場合は、維持率が200%になります。

有効証拠金が必要証拠金の1.5倍になれば、維持率は150%になります。

これを踏まえて「資金移動後の証拠金維持率が150%を下回る金額」と言うのを言い換えれば、
「資金移動後の有効証拠金が、必要証拠金の1.5倍を下回る金額」が資金移動できないという事になります。

例:必要証拠金が1万円、有効証拠金が5万円の場合

例えば、保有ポジションの必要証拠金が1万円の場合、有効証拠金がその150% = 1万5,000円になると、維持率も150%になります。

この場合、有効証拠金が1万5,000円以下になる金額は資金移動できません。

資金移動前の有効証拠金が5万円であった場合は、3万5,000円までしか資金移動できないという事になります。

これを計算式にしたものが、前述の「有効証拠金 – 必要証拠金 × 1.5 = 資金移動できる金額」というものになります。

▼証拠金の基礎知識や計算方法は以下の記事で解説

XM証拠金維持率の計算方法と強制ロスカットXM証拠金の全知識|全銘柄の必要証拠金&維持率の目安と計算方法

維持率に余裕をもった資金移動が必要

資金移動の申請作業中、レート変動により有効証拠金が変わる可能性があるため、実際の資金移動時には余裕を持って資金移動するようにしましょう。

また、有効証拠金にはボーナスクレジットも含まれる点にも注意が必要です。

口座内にボーナスを保有している場合、残高の資金移動によりボーナスも一緒に移動したり、ボーナスが消滅するケースもあります。

そのため、残高だけを見て資金移動すると「移動元口座のボーナスも減るため、維持率が150%を下回り資金移動できない」ということも起こります。

海外FXターミナル長ターミナル長

このような事態を避けるためには、資金移動時のボーナスの動き方をしっかり把握しておく必要があります。

資金移動時のボーナスの動き方

資金移動時のボーナスの動き方

海外FX業者にとって、ボーナスの配布はプロモーションとして非常に有効な反面、不正取引に悪用される可能性がある諸刃の剣です。

そのためボーナスを提供するFX業者では、ボーナスに関する独自のルールを設けています。

ここからは、資金移動する際に知っておくべきXMのボーナスルールを解説していきます。

海外FXターミナル長ターミナル長

XMのボーナスルールを誤解なく理解するため、まずは「残高」と「クレジット」の違いを理解しておきましょう。

前提知識:「残高」と「クレジット」の違い

MT4/MT5やXM会員ページの口座情報では、「残高」「クレジット」という項目が表示されています。

XMトレーディング会員ページでのボーナスクレジット表記

スマホMT4/5画面でのボーナスクレジット表記

  • 「残高」にはリアルマネー、つまりトレーダーが入金したお金や取引で得た利益が加算されます。
  • 「クレジット」の項目では、その口座で保有しているボーナスが加算されます。

資金移動元となるXM口座にクレジットがある場合は、このあと解説するボーナスのルールが適応されるので注意しましょう。

「残高」と「クレジット」の違いがわかったら、さっそく資金移動に関連するボーナスのルールを見ていきましょう。

ここで解説するXMボーナスのルールは以下の3つです。

  • ボーナスのみの移動は不可能
  • 移動する残高の割合と同じ割合のボーナスが移動する
  • ボーナス対象外の口座への資金移動はボーナス消滅

それでは上から順番に見ていきましょう。


ボーナスのみの移動は不可能

「口座Aから口座Bに、ボーナスクレジットだけを移動させたい」という時もありますが、XMではボーナスのみの資金移動をする事ができない仕様になっています。

ボーナスを別口座へ移動させたい場合は、このあと解説する「移動する残高の割合と同じ割合のボーナスが移動する」というルールに則って、残高と一緒にボーナスを移動するしかありません。

「口座内にボーナスしかない状態を作り出したい」という場合は、

  • 残高0の口座に、XMPと交換したボーナスを付与する
  • 口座開設ボーナスだけで取引する

という方法をとる必要があります。


移動する残高の割合と同じ割合のボーナスが移動する

ボーナスクレジットを保有しているXM口座では、残高のみを別口座へ移動することはできません。

これは資金移動させる残高の割合と同じ割合のボーナスクレジットが、残高と一緒に移動するというルールがあるためです。

海外FXターミナル長ターミナル長

言葉だと分かりにくいので、例と図で説明します。

残高とボーナスの資金移動例

仮に口座残高が10万円、ボーナスクレジットが2万円あるとします。

ここで残高から5万円を資金移動する場合、元々の残高10万円に対して50%の残高を資金移動する事になります

この時、ボーナスクレジットも50%移動する事になるので、残高5万円と一緒にボーナス1万円が移動します。

XMTrading資金移動時のボーナスクレジットの動き方

XMTrading資金移動時のボーナスクレジットの動き方。スマホ向け図解。

上記のように、資金移動でボーナスが動く事も考慮しておかないと、資金移動後に有効証拠金が想定以上に減ってしまうので注意しましょう。

ややこしい仕様ですが、これもボーナスの不正利用を防ぐためです。

他社の場合ですと、残高の一部でも資金移動をすると、全てのボーナスが消滅するケースもあるため、これでも良心的な措置であるといえます。

海外FXターミナル長ターミナル長

上記のルールは、資金移動先の口座がボーナス対象の口座であることが条件となっています。
移動先がボーナス対象外の場合は不随するボーナスが消滅してしまうので注意が必要です。

ボーナス対象外の口座への資金移動はボーナス消滅

以下の2つの条件下で資金移動する場合、移動残高に不随するボーナスが消滅するので注意して下さい。

  • ボーナスがあるXM口座から資金移動する
  • 移動先のXM口座が「ボーナス対象外の口座」である

海外FXターミナル長ターミナル長

ゼロ口座など、ボーナス対象外の口座に資金移動する際は注意しましょう。

ボーナス対象外の口座への資金移動例

仮に口座残高が10万円、ボーナスクレジットが2万円あるとします。

ここで残高から5万円を資金移動する場合、元々の残高の50%を資金移動する事になります

先程と同様、ボーナスクレジットも50%移動する事になるので、残高5万円と一緒にボーナス1万円が移動しますが、移動先の口座が「ボーナス対象外の口座」である場合、不随するはずのボーナス1万円が消滅します。

XMTrading資金移動時のボーナスクレジットの消滅イメージ

XMTrading資金移動時のボーナスクレジットの消滅。スマホ向け図解。

資金移動によるボーナス消滅の仕組みは理解できたでしょうか?

次は、どんな口座がボーナス対象外になるのかを見ていきましょう。


ボーナス対象外の口座とは?

XMの「ボーナス対象外の口座」には、以下の3つが該当します。

  • ゼロ口座
  • キャッシュバックサイト経由で開設した口座
  • ボーナス受け取りを拒否した口座
ゼロ口座

XMゼロ口座は、スプレッドが狭い代わりに、ボーナスが受け取れない口座となっています。

スタンダード口座やマイクロ口座からゼロ口座へ資金移動すると、前述のルールに従い、移動した残高と同じ割合のボーナスが消滅してしまいます。

キャッシュバックサイト経由で開設した口座

キャッシュバックサイトから開設したXM口座では、リベートキャッシュバックが受け取れますが、ボーナスが対象外の口座になってしまうため注意が必要です。

この口座の場合も、ボーナスクレジットがある口座から資金移動すると、移動した残高と同じ割合のボーナスが消滅します。

ボーナス受け取りを拒否した口座

XM口座を開設する際、開設フォームに「口座ボーナス」という項目があり、ボーナスの受け取りを希望するかを選択したのを覚えているでしょうか?

その項目で「いいえ、ボーナスの受け取りを希望しません。」を選択していた場合は、その口座はボーナス対象外になってしまいます。

XMボーナスの受け取り選択


資金移動によるボーナス消滅を回避するには?

もしあなたが、「ボーナス対象外の口座への資金移動を検討している」
という場合は、ボーナスの消滅を避けるため、資金移動するよりも入金を行った方が良いかもしれません。

▼XMの入金方法は以下の記事で解説

XM入金方法をわかりやすく解説XM入金方法の違いと手順【2021年最新ルール】手数料や時間は?

「ボーナス対象外の口座を開設してしまった」
「資金移動先の口座が、ボーナス対象であるか不明だ」

という場合は、ボーナスが貰える口座を追加で開設する事で対処が可能です。

以下の記事の手順で、スタンダード口座かマイクロ口座を開設すると、ボーナス対象のXM口座が開設できるので、参考にしてみて下さい。

▼XM追加口座の開設・削除方法は以下の記事で解説

XM追加口座の開設方法と注意事項とメリットXM追加口座の開設方法と複数運用のポイント|スマホ版もこちら

XM独自のボーナスルールがよくわからない方へ

資金移動以外にも、XMボーナスの取り扱いには注意が必要となる場面が多数存在します。

XMボーナスのルールは、以下の記事でまとめています。
「ボーナスの基礎知識や注意点をおさらいしたい」という方は参考にしてみて下さい。

▼XMボーナスキャンペーンの詳細や基礎知識は以下の記事で解説

XMボーナスは口座開設・入金・ポイント交換で獲得XMボーナス解説|口座開設/入金/ポイントで獲得!消滅や復活は?

海外FXターミナル長ターミナル長

XM資金移動の基礎知識や注意事項は以上です。
最後に、資金移動に関するよくある質問をまとめて終わりにしたいと思います。

XM資金移動のよくある質問(FAQ)

XM資金移動のよくある質問(FAQ)

最後となるこの章では、XMの資金移動に関するよくある質問に回答していきます。

ここでは以下のような質問に回答をしています。


資金移動の反映時間は?

資金移動の申請をすると、システムが自動的に処理を行い、即時XM口座に反映されます。

資金移動が完了すると、「リクエストが正常に実行されました」と表示され、「内部送金に関するお知らせ」というメールがXMから届きます。

その後MT4/5やXM会員ページで口座情報を確認すると、資金が移動しているのを確認できます。

資金移動したはずなのに資金が動いていない場合は、別口座に移動してしまったか、何らかのエラーが発生している可能性があります。
後者の場合はトレーダー側では対処できないので、XMサポートデスクに確認をとってみましょう。

▼XM日本語サポートへの問い合わせ方法は以下の記事で解説

XM日本語サポートデスクへの問い合わせ方法XMサポートへのお問い合わせ方法|最速は日本語ライブチャット

MT4からMT5への資金移動は可能ですか?

XMの資金移動は、MT4口座とMT5口座間でも問題なく行えます

資金振替のやり方や条件も全て同じなので、当記事の資金移動方法を参考に作業を行って下さい。


資金移動で入金ボーナスは貰えますか?

資金移動は入金とはみなされないため、入金ボーナスは獲得できません

ボーナスがある口座から資金を移動する場合は、ボーナスも同じ割合が一緒に移動するので、そのボーナスを利用して取引しましょう。

ただし、資金移動先がボーナス対象外だと、不随するボーナスが消滅するので注意が必要です。

残高移動時のボーナスについては、前述の資金移動時のボーナスの動き方で詳しく解説しているので参考にして下さい。


資金移動で手数料は発生しますか?

基本的に、XM口座間の資金移動は手数料無料です。

ただし、口座間の基本通貨が違う場合のみ、移動金額の0.3%の手数料が発生してしまいます。

基本通貨が異なる口座間の資金移動については、前述の基本通貨が異なる場合は手数料が発生で詳しく解説しているので参考にして下さい。


他人の口座への資金移動はできますか?

XM口座の資金移動は、同一ユーザーの別口座間でのみ行えます。

他人名義のXM口座には資金移動できないので留意しておきましょう。


マイナス残高の口座に資金移動すると?

残高がマイナスの口座に資金を移動すると、ポジションを保有していなければマイナス分が0にリセットされ(←この時ボーナスがある場合は、マイナス分がボーナスと相殺される)、その後で移動した資金が反映されます。

そのため、移動した資金でマイナス分が補填/相殺される事はありません。

マイナス残高はいつ起こる?デメリットは?

ポジションの損切り強制ロスカットの後、残高が一時的にマイナスになってしまう場合があります。

マイナス残高のまま取引をしても、利益がマイナス分と相殺されてしまうため、先に残高を0にリセットしてから取引する方がお得です。

マイナス残高は、しばらく放っておくと自動的にリセットされます。

相場が動いて「マイナス分を少しでも早くリセットさせたい」という時は、資金移動する事でマイナス残高をすぐにリセットさせられるので憶えておきましょう。

注意

マイナス残高になっても、ポジションを保有し続けているとリセットされないので注意して下さい。

マイナス残高になっている時にポジションを決済せずに資金移動すると、マイナス分との相殺が発生します。

リセット狙いで資金移動する時は、ポジションを全て決済しておきましょう。


\ 資金移動はXM会員ページから /
XMへのログインはこちら

海外FXターミナル長ターミナル長

最後までお読み頂きありがとうございました!
質問などありましたら、記事下のコメント欄からご気軽に投稿して下さい。
それでは、また他の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

名前の入力は必須ですが、メールアドレスの入力は必須ではありません。
メールアドレスを入力して頂いた場合は、コメントへの回答を送信させていただく場合がございます。
入力したメールアドレスが公開される事はありません。