2020/10/29更新:XMより、米大統領選に伴うレバレッジ規制の可能性について発表されました。詳細はこちらです。

XMウェビナーの内容と参加・録画方法|スマホでのやり方もこちら

「XMのウェビナーってなに?」
「ウェビナーの録画ってできるの?」
「講師の秋又龍志さんって誰?」

XM公式サイトには、非常に優れたコンテンツが多数あります。
ウェビナーはその中でも特に優れた教育コンテンツで、XM口座を持っていなくても無料で参加が可能です。

講義はライブ動画を視聴する形なので、気軽に参加する事ができます。

講義の内容は、
「他の投資との違い」や「レバレッジ」などのFXの基礎知識、
「移動平均線の見方」や「ラインの引き方」などのテクニカル分析、
「投資脳とギャンブル脳の違い」や「大損失した時の立ち直り方」などのメンタルコントロール方法など、
全18回で幅広いテーマを取り扱っています。

FX取引の初歩的な内容がメインとなっているので、上級者には物足りない内容かもしれませんが、FX初心者は是非参加したいところです。

参加するウェビナーによっては、MT4用のカスタムインジケーターが貰えることもあります。

海外FXターミナル長ターミナル長

今回の記事では、XMのウェビナーの参加方法や内容を解説します。
\ XMが口座無くても無料で参加が可能! /
XMウェビナーの参加はコチラから
「XMウェビナーの参加方法だけ見たい」という方は、XMウェビナーの参加方法にスキップして下さい。

XMウェビナーの内容

XMウェビナーの内容

XMウェビナーの全タイトルと内容

XMウェビナーは、全18回の講義を繰り返し行っています。
見逃してしまった回のウェビナーも、また一巡してくると視聴する事が可能です。

また、実際のチャートを教材にして講義を行うため、同じ回のセミナーでも新しい発見や知識を深めるのに役立つこともあります。

XMウェビナー全18回の各話タイトルと内容は、以下のようになっています。

▼クリックで展開

▼タップで展開

1. FXと他の金融取引との圧倒的な違いと、交換レートについて

第1回 FXと他の金融取引との圧倒的な違いと、交換レートについて

第1回のXMウェビナーの内容は、

  • 為替取引と株や先物取引との圧倒的違い
  • 為替ならではの動きの特性
  • 交換レートと時間特性

といった、FX交換レートで儲けるための基礎知識となっています。

これらは、初心者の方は必ず知っておきたいFXの前提知識でもあり、以降の講義のベースとなる考え方でもあります。

中・上級者には物足りない内容かもしれませんが、講師の秋又龍志氏の相場観を知るためにも、復習も兼ねて参加してみると良いでしょう。

習得できる事
  • 値動きに翻弄されずに取引する為の考え方
  • 為替ならではの特徴的な値動き
  • 為替レートの動きだす時間
2. 交換レートの推移を表すローソク足(ローソク足第1回)

第2回 交換レートの推移を表すローソク足(ローソク足第1回)

第2回のXMウェビナーの内容は、

  • ローソク足の基礎知識
  • ローソク足に騙されないようにする方法

といった、「ローソク足」の解説第1弾となっています。

ローソク足は陽線か陰線かによって、「買いが優勢」か「売りが優勢」かを一目で判別できます。
しかし、高値と安値は時間情報を持たないため、単体のローソク足だけを見ていると、人の目はチャートに騙されてしまいます。

このウェビナーでは「ローソク足のデメリットを把握した上でのローソク足の活用方法」を学ぶことができます。

習得できる事
  • 4本値とマーケット参加者心理
  • ローソク足と為替レートの特性
  • チャートのイメージと実際のレート変化についての錯覚
3. ローソク足で見る市場参加者の心理 最強の和製テクニカル指標(ローソク足第2回)

第3回 ローソク足で見る市場参加者の心理 最強の和製テクニカル指標(ローソク足第2回)

第3回のXMウェビナーの内容は、

  • ローソク足で見る市場参加者心理
  • ローソク足の過去形状から未来を予測する方法

といった、「ローソク足」の解説第2弾となっています。

このウェビナーでは、ローソク足の基礎となる特徴的形状を1つずつ解説します。
また、ローソク足の特徴的形状を踏まえ、過去チャートからエネルギーチェンジの形状を探し出して「市場の流れを掴む方法」を学ぶことができます。

習得できる事
  • ローソク足のつながりとマーケットストーリー
  • ローソク足形状からの未来予測法
4. チャートに騙されるな!

第4回 チャートに騙されるな!

第4回のXMウェビナーの内容は、

  • 多くの投資家がチャートに騙されいる!その訳とは?
  • チャートの右側を知る方法について
  • チャートのカスタマイズ (MT4ツールの使い方)

といった、MT4/5チャートの注意点と正しい見方の解説となっています。

MT4/5には自動縮尺機能があり、値動きが小さい時には足が長く、値動きが大きい時には足が短く表示されます。

この特徴を把握していないと、
「大きく動いた」と思っても、実は小動きで狙える値幅ではなかった、
「小さな値動き」と油断していたら、実は大きな値動きで含み損が拡大した、
という事が起こります。

このウェビナーでは、MT4自動縮尺機能の詳しい解説や、それに騙されないためのMT4カスタマイズ方法など、「チャートを正確に把握して先を予測するコツ」が学べます。

習得できる事
  • チャートの右側を知るコツ
  • 値動きの幅を騙すチャートの理屈
  • チャートカスタマイズ方法
5. サポート&レジスタンス 何故か意識されるポイントについて (サポレジ1)

第5回 サポート&レジスタンス 何故か意識されるポイントについて (サポレジ1)

第5回のXMウェビナーの内容は、

  • 見えるところだけでは解らない事が、たったの数秒で解る魔法のライン
  • ギュッと縮めて離れて見ると見えるもの
  • 何故か同じようなところで同じような事が起きる不思議なゾーン

といった、サポート&レジスタンス基本編となっています。

チャート上で安値で止まっているポイントを繋いでいくと出来上がるのがサポートライン(下値支持線)、
チャート上の高値と高値を繋いでいくと出来上がるのがレジスタンスライン(上値抵抗線)です。

市場参加者はサポートラインとレジスタンスラインを非常に意識しますので、こちらの2つのラインが引けるようになると、売買ポイントが見えてくるようになります。

このウェビナーでは、「サポート&レジスタンスラインの引き方」を基礎から学べます。
ラインの引き方は文章では分かりにくいので、ウェビナー動画で「実際にどのように引くのか」「具体的に売買ポイントをどう把握するのか」を習得しましょう。

習得できる事
  • 次のアクションの探り方
  • 俯瞰的視点でチャートを読み取る
6. 為替市場ならではの値動き特性 (サポレジ2)

第6回 為替市場ならではの値動き特性 (サポレジ2)

第6回のXMウェビナーの内容は、

  • 東京時間・ヨーロッパ時間・ニューヨーク時間、リレーされる為替レートとその特性
  • 東京ならではの、ある特徴的な値動きとその論理的な理由
  • 抵抗を抜けた後の停滞ポイントをみつけたなら、動き出しを狙おう

といった、サポート&レジスタンス応用編となっています。

このウェビナーでは、第1回のウェビナーで解説した「為替市場の時間特性と値動き特性」に更に具体的な考察を加え、「各通貨ペアが動き出すポイント」を学べます。

「各通貨ペアが停滞する時間と動き出す時間」に、前回のサポレジ1で解説した「サポート&レジスタンスライン」を組み合わせることで、「自分の生活スタイルに合った、効率的なトレード方法」を習得しましょう。

習得できる事
  • 時間特性・値動き特性
  • 東京タイムの特徴暴露
  • 停滞ポイントを見付けた時に次なる行動は??
7. FX取引の最大の面白さ『レバレッジ』について

第7回 FX取引の最大の面白さ『レバレッジ』について

第7回のXMウェビナーの内容は、

  • 『レバレッジが高いと危険』これは大嘘!!
  • 『低レバレッジ1万通貨』『高レバレッジ1万通貨』を具体的に比較
  • 複数ポジションなら『損益分岐点』を意識せよ

といった、ハイレバレッジの基本と使い方となっています。

レバレッジはFXの醍醐味ですが、FX初心者の方々の中には高いレバレッジは危険と思われている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、FX上級者は既にご存知だと思いますが、適切な資金管理を行うと高レバレッジは安全で高収益なトレードに繋がります。

このウェビナーでは、「レバレッジの正しい基礎知識」と「レバレッジコントロールによる資金管理方法の正しい知識」が習得できます。

習得できる事
  • XMのレバレッジ888倍を使い倒す方法
  • レバレッジと資金管理の密接な関係
  • レバレッジと資金管理で安全な取引で高収益を狙う
8. 移動平均線の考察

第8回 移動平均線の考察

第8回のXMウェビナーの内容は、

  • テクニカル指標のおおよその種類や特徴
  • もっともメジャーな『移動平均線』
  • 移動平均線が表す具体的な状況と意味、その活用方法
  • 移動平均線のカスタマイズ方法

といった、移動平均線の基本と使い方となっています。

移動平均線とは、ある一定期間の為替レートの各終値を平均化して、その数字を結んでいった線のことで、チャート分析で最もメジャーなテクニカル指標です。

移動平均線は売買ポイントの平均値を投錨したものでもあり、売買ポイントを探る時、根拠の補完になります。

このウェビナーでは、講師の秋又秋又龍志氏が実際のチャートやインジケータを使用しながら、「移動平均線の活用方法やカスタマイズ方法」を学べます。

また、当ウェビナーの終了後には、MT4向けカスタムインジケーターが配布されます。

習得できる事
  • 移動平均線が表す値動き特性と活用方法
  • 移動平均線の先ッポの表すもの
  • 移動平均線のカスタマイズ
9. トレードに関する質問承ります

第9回 トレードに関する質問承ります

第9回のXMウェビナーの内容は、

  • 全ての視聴者の皆さんの疑問にお答えします
  • FX取引の疑問質問何でも聞いてください
  • 秋又龍志がその場で丁寧に解説します

といった、参加者の質疑応答のみで構成される講義となっています。
これはXMウェビナー第18回も同様です。

基本的に、XMウェビナーは毎回1時間の講義となっていますが、第9回と第18回は、ウェビナー参加者の質問に対する回答のみを行います。

ライブ配信の強みを生かし、質問は当ウェビナーの開始と同時に受け付けを開始し、その場で講師の秋又龍志氏が回答します。
過去の講義で生じた疑問や、実践での悩みなどがある人は質問してみましょう。

他のウェビナーでは毎回ある程度決まった内容が講義されますが、この回は参加者の質問次第で内容が決まるため、どのような内容になるかは分かりません。
そのためなのか分かりませんが、XMウェビナーの中でも特に人気の高い回となっています。

※質問受付は予約制ではなく、全ての質問に答えられない場合もあります。

習得できる事
  • トレードのモヤモヤ解消
  • 今まで人に聞けなかった事
  • 過去講義の疑問・質問の解消
10. 斜めの値幅考察 FX取引は交換レートの差を狙う

第10回 斜めの値幅考察 FX取引は交換レートの差を狙う

第10回のXMウェビナーの内容は、

  • その時狙える値幅!投資家心理と値幅の関係
  • 人の目は斜めが苦手!
  • トレンドラインとチャネルライン
  • 飛び出しを狙う!具体的手法について
  • MT4ラインツールの使い方
  • 貴方はチャートの何を見てますか?

といった、斜めの値幅(トレンドラインとチャネルライン)の見方と戦略となっています。

トレンドラインとは、安値と安値を結んだライン(上昇相場)または高値と高値を結んだライン(下降相場)のこと、
チャネルライン(アウトライン)とは、トレンドラインに対して平行に引かれるラインのことです。

斜めの線=トレンドが発生した時のトレンドラインとチャネルラインは、市場で意識されるポイントとして有用性が高いとされています。

しかし人間の目は錯視効果により、斜めの線を正しく把握できないことがあるので注意が必要です。

このウェビナーでは「錯覚効果に騙されないようにするコツ」「斜めのラインを簡単に引く、フィボナッチチャネルのカスタマイズ方法」が学べます。

習得できる事
  • 市場参加者と値幅(レート高低差)の関係
  • トレーダーが獲りにいくべき○○
  • トレンドラインとチャネルラインでの斜めの値幅攻略
11. 環境認識とトレードシナリオ

第11回 環境認識とトレードシナリオ

第11回のXMウェビナーの内容は、

  • トレードは【美人投票】
  • チャートの節目を探す為の静的なポイントと動的なポイント
  • 大きな流れと小さな流れでリズムを探る

といった、自分に合ったトレードスタイルの確立方法となっています。

トレードシナリオを建てるには、まず環境認識が不可欠です。

講師・秋又龍志氏によると、環境認識は「マーケットの中に隠れている自分好みの女性を探す」ということだそうです。
マーケットで好みの女性(好きなポイント)を見つけたら、ストーリーを描き、トレードシナリオを建てます。

そしてXMウェビナー第1回や第6回で解説した「為替市場の時間特性」と組み合わせ、生活スタイルとトレードシナリオを合致した時にトレードします。

このウェビナーでは、そんな「環境認識の詳細や見つけ方」「トレードシナリオの実行方法」を習得する事が可能です。

習得できる事
  • 自分好みと多勢好み、トレードで探るべきなのは?
  • 生活スタイルとトレードスタイルの密接な関係
  • 生活スタイルにあった環境認識とトレード手法の確立
12. 投資脳とギャンブル脳

第12回 投資脳とギャンブル脳

第12回のXMウェビナーの内容は、

  • 貴方のトレード時の感情はどんな感じですか?
  • 損失の受け入れやその管理を知って投資脳を育成しましょう
  • 感情的にグラグラするトレードから卒業しましょう

といった、メンタルコントロール方法の基礎となっています。

トレードとメンタルの関係は密接で、メンタル面が想像以上にトレードに影響します。

講義では「淡々投資脳」と「興奮ギャンブル脳」に分類し、違いや理屈を解説しています。

講師・秋又龍志氏によると、
「興奮ギャンブル脳」はトレード時に感情に流され、後で後悔するタイプのトレードで、脳の本反射領域(IRA)を使用したトレード、
「淡々投資脳」は感情や損失をコントロールするタイプのトレードで、大脳新皮質を使用したトレードになります。

このウェビナーでは、脳の本反射領域(IRA)の利用から大脳新皮質の利用に移行して「ギャンブル脳から投資脳に切り替える方法」が学べます。

習得できる事
  • 感情コントロールを学ぶ
  • 損失コントロールを学ぶ
  • 穏やかに淡々とトレードを行う
13. 高値切り下げ・安値切り下げ&その逆パターン

第13回 高値切り下げ・安値切り下げ&その逆パターン

第13回のXMウェビナーの内容は、

  • 高値切り下げ安値切り下げの形状を見付けたら次のアクションを起こしましょう
  • 古典的でも有効な手法を考察してみます

といった、トレンドの山と谷の見極め方となっています。

相場ではトレンドが出てから行動していては遅いのですが、FX初心者には「今がトレンド相場なのか、レンジ相場なのか」を見分けるのもなかなか困難です。

このウェビナーでは、講師・秋又龍志氏の「秋又流トレンド判定法」で、「トレンド相場なのかレンジ相場なのかを見分ける方法」「見分けた上での立ち回り方」を学べます。

習得できる事
  • チャンスパターンのチャート形状
  • 押目買い戻り売りのタイミング
  • 低リスクで続ける為の決済方法
14. フィボナッチの話を信じますか?

第14回 フィボナッチの話を信じますか?

第14回のXMウェビナーの内容は、

  • フィボナッチリトレースメントのラインと読み方
  • フィボナッチエキスパンションのラインと読み方

といった、フィボナッチ数列を使用したテクニカル分析方法の基本と使い方となっています。

フィボナッチ数列は自然界の現象に数多く出現すると言われる数列のことですが、FXチャートでもフィボナッチ数列の比率が当てはまる時がよくあります。

「世界中のトレーダーが作り出す為替市場の値動きも自然の摂理に支配されている」という理屈なのですが、最初に聞いたときは「そんな馬鹿な…」と思ってしまいますよね。

しかし、為替相場の変動が投機筋により作られているとすれば、「多くのトレーダーがフィボナッチ数列を意識している」ことが要因となり、相場がフィボナッチ数列を描く事も不思議ではありません。

そこでこのウェビナーでは、フィボナッチ数列を使用したテクニカル分析方法である「フィボナッチリトレースメント」と「フィボナッチエキスパンション」を解説します。

「フィボナッチ数列の基礎と具体的な使い方を学びたい」という方は是非当ウェビナーに参加してみて下さい。

当ウェビナーの終了後には、MT4向けカスタムインジケーターが配布されます。

習得できる事
  • フィボナッチを使った分析方法
  • 戻りを分析するリトレースメント
  • 行く先を知るエキスパンション
15. 一発ドカンと痛い目にあった人のトレード矯正

第15回 一発ドカンと痛い目にあった人のトレード矯正

第15回のXMウェビナーの内容は、

  • 損失が大きければ心の痛手も大きい
  • その痛みは次のトレードに多大な影響を与える

といった、トレードとメンタルの関係をマネジメントする方法となっています。

トレードでは、メンタルコントロールは手法よりも重要と言われることもあるくらい、トレードに影響を及ぼします。

ただ、メンタル面を強化しようとしても「どのように強化したら良いか分からない」という方も多いでしょう。

このウェビナーでは、「損失と脳みその深い関係」などメンタル面について掘り下げて解説し、損切等の苦い経験をチャンスに変える「講師・秋又龍志流トレード矯正法」を学べます。

習得できる事
  • 手法が大事かメンタルが大事かをハッキリさせる
  • お金に対する恐怖心の克服とメンタルの保ち方
  • 自分にとって心地よい(やりやすい)資金サイズ
16. レートの二度付けあり、ソースの二度漬けなし

第16回 レートの二度付けあり、ソースの二度漬けなし

第16回のXMウェビナーの内容は、

  • 大阪の串カツとは違い、レートの二度漬けはOK!それはとても美味しい
  • 時に裏切られる事がスパイスとして効いています
  • 為替レートの不思議な特性を曝露

といった、為替レートの特性を利用して、チャンスを2度活用する方法となっています。

チャートを検証すると、為替レートはブレイクアウトを繰り返し、ブレイクしたら殆どの場合はその地点まで戻していることがわかります。
これはXMウェビナーで繰り返し伝えている「買いポジションは売って手仕舞い」「売りポジションは買いで手仕舞い」という「FX相場の法則」によるものです。

このFX相場の法則を把握していると、チャンスは二度以上あるということになります。

このウェビナーでは、為替レートのこの美味しい特性を利用して、講師・秋又龍志氏が実際のチャートを使用しながら、「レートを二度付けする逆張り方法」「二度付けされない局面の考え方」を解説します。

習得できる事
  • 順張り?逆張り?この時だけは逆!
  • 行きすぎた時の次が見える
  • 俯瞰的視点でチャートが見える
17. 単発ポジションよりもゾーンポジション

第17回 単発ポジションよりもゾーンポジション

第17回のXMウェビナーの内容は、

  • 単発ポジションでの勝ち負け勝負もありですが、複数ポジションをセットにしたゾーン取引も面白い
  • 幅で考える新たな視点

といった、ゾーンで臨むトレード戦略となっています。

単発ポジションでの勝ち負け勝負もありですが、複数ポジションをセットにしたゾーン取引も有効な場合があります。

ゾーンポジションは、特に「押し目買い」や避けるべきと言われる「逆張りナンピン」で威力を発揮します。
一般論で避けるべきと言われる手法でも、「実際に自分で試して手法が合えば取り入れる」というのが講師の秋又龍志流です。

事前に押し目のポイントがわかる人はいません。
しかし「1つのエントリーで勝負するよりも、複数のエントリーで勝負する方が、リスクも分散でき勝算が上がる」という考え方もあります。

このウェビナーでは、そんな「ゾーンポジションをリスクを分散するトレード方法」が学べます。

習得できる事
  • 幅を見た取引で優位な視点
  • ゆったりしながら勝率で逃げ切る方法
  • 小ロット複数ポジションのトレード方法
18. トレードに関する質問承ります

第18回 トレードに関する質問承ります

第18回のXMウェビナーの内容は、

  • 全ての視聴者の皆さんの疑問にお答えします
  • FX取引の疑問質問何でも聞いてください
  • 秋又龍志がその場で丁寧に解説します

といった、参加者の質疑応答のみで構成される講義となっています。
これはXMウェビナー第9回も同様です。

基本的に、XMウェビナーは毎回1時間の講義となっていますが、第9回と第18回は、ウェビナー参加者の質問に対する回答のみを行います。

ライブ配信の強みを生かし、質問は当ウェビナーの開始と同時に受け付けを開始し、その場で講師の秋又龍志氏が回答します。
過去の講義で生じた疑問や、実践での悩みなどがある人は質問してみましょう。

他のウェビナーでは毎回ある程度決まった内容が講義されますが、この回は参加者の質問次第で内容が決まるため、どのような内容になるかは分かりません。
そのためなのか分かりませんが、XMウェビナーの中でも特に人気の高い回となっています。

※質問受付は予約制ではなく、全ての質問に答えられない場合もあります。

習得できる事
  • トレードのモヤモヤ解消
  • 今まで人に聞けなかった事
  • 過去講義の疑問・質問の解消

あなたが見るべきXMウェビナーの選び方|ジャンル分けとおすすめ

全18回あるXMウェビナーでは、全ての講義が繋がるようにはなっていますが、1つ1つの回でも独立した話題で解説されるので、特定の回だけ見ても全く問題なく理解する事ができます

海外FXターミナル長ターミナル長

他の回との関連性が高い講義の場合は、その話題のおさらいもしてくれるので安心です。

XMのウェビナーはどれも内容が濃く、全てチェックするのが理想です。
しかし「全てチェックする時間が無い」という方がほとんどかと思います。

そこで、ここでは「あなたが見るべきXMウェビナーの選び方」を解説します。


XMウェビナーの講義ジャンルで選ぶ

海外FXターミナル長ターミナル長

まずは私の独断と偏見で、全18回あるXMウェビナーを、以下の5つにジャンル分けします。
  • 基礎知識
  • テクニカル分析
  • メンタル
  • 手法・戦略
  • 質疑応答

海外FXターミナル長ターミナル長

あなたが習得を必要とするジャンルから、視聴する回を検討してみて下さい。
No. タイトル(一部省略) ジャンル
1 他の金融取引との圧倒的な違い 基礎知識
2 ローソク足第1回 テクニカル分析
3 ローソク足第2回 テクニカル分析
4 チャートに騙されるな! テクニカル分析
5 サポレジ1 テクニカル分析
6 サポレジ2 手法・戦略
7 『レバレッジ』について 手法・戦略
8 移動平均線の考察 テクニカル分析
9 トレードに関する質問承ります 質疑応答
10 斜めの値幅考察 テクニカル分析
11 環境認識とトレードシナリオ 手法・戦略
12 投資脳とギャンブル脳 メンタル
13 高値切り下げ・安値切り下げ テクニカル分析
14 フィボナッチの話を信じますか? テクニカル分析
15 痛い目にあった人のトレード矯正 メンタル
16 レートの二度付けあり 手法・戦略
17 ゾーンポジション 手法・戦略
18 トレードに関する質問承ります 質疑応答

おすすめのXMウェビナーから選ぶ

海外FXターミナル長ターミナル長

今度は、3タイプのトレーダーに分けて、私が個人的におすすめなXMウェビナーを紹介します。

▼各項目をタップでスキップが可能です。

第7回「FX取引の最大の面白さ『レバレッジ』について」

「海外FXでの取引経験が無い」「ハイレバレッジでの取引に不安を感じている」という方は、XMウェビナー第7回「FX取引の最大の面白さ『レバレッジ』について」がオススメです。

この回では以下のような内容が解説されています。

  • 「レバレッジが高いと危険」これは本当か
  • レバレッジには2通りあり、自分でコントールできる方が大切
  • ハイレバレッジでの資金管理(ロスカット位置とロットの関係)

第7回を見れば、レバレッジと資金管理の関係が理解でき、XMのレバレッジ888倍を使い倒す事ができるようになるでしょう。

第8回「移動平均線の考察」と第14回「フィボナッチの話を信じますか?」

第8回「移動平均線の考察」と第14回「フィボナッチの話を信じますか?」では、テクニカルな面での講義が行われ、ウェビナー視聴後はその中で紹介されたカスタムインジケーターが配布されます

第8回「移動平均線の考察」では移動平均線に関する講義が行われ、「ColorMA」や「GMMA」といった、MT4用のカスタムインジケーターが獲得できます。

第14回「フィボナッチの話を信じますか?」ではフィボナッチの基礎や、講師の秋又氏の独自の使い方などが解説され、「フィボナッチATRバンド」というカスタムインジケーターが獲得できます。

第9回と第18回「トレードに関する質問承ります」

第9回と第18回「トレードに関する質問承ります」は、ライブ配信の強みを生かし、ウェビナー開始と同時に質問を受け付け、講師・秋又龍志氏が時間終了まで回答を繰り返し行うという形式です。

他のウェビナーも観ている人には復習や応用として役立ちますし、タイムリーな内容を織り込んだ質問や回答、普段はあまり聞けない話など、質疑応答の回は興味深い内容になる事が多いです。

実際、XMのJP BLOGによると、この質疑応答のウェビナーは特に人気が高いとのことです。

また、他の回のウェビナーでは質疑応答の時間を取れない事が多いので、「講師の秋又龍志氏に質問をぶつけたい」という人にもオススメです。

海外FXターミナル長ターミナル長

「直近で開催されるウェビナーはどの回になるのか?」を知りたい場合は、XMのウェビナーページで確認して下さい。
約2ヶ月先までのスケジュールが確認できます。

XMウェビナーの特徴

XMウェビナーの特徴

海外FXターミナル長ターミナル長

まずは、XMウェビナーとはなんなのか、その内容についてお話します。

そもそもウェビナーとは?|XMウェビナーの利点と欠点

ウェビナー(Webinar)は、ウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を組み合わせた造語であり、Webセミナーやオンラインセミナーとも呼ばれる。
インターネット上で行なわれるセミナーそのもの、もしくはインターネット上でのセミナーを実施するためのツールを指す。
Web会議システムが比較的少人数での議論を主用途とするのに対し、ウェビナーは数十〜数百人規模の参加者との対話型セミナーを、Web会議システムに比べて低コストで実現することを主用途とする。
また、多人数向けの情報伝達ツール領域において、1方向だけの情報伝達であるウェブキャスト(Webcast)と対照し、ウェビナーは、実施者と参加者間の2方向で対話できる点が特徴である。

引用元:Wikipedia

海外FXターミナル長ターミナル長

ウェビナーとは、WEB上で行われるセミナーのことなんですね。
XMのウェビナーには、以下のような特徴があります。
  • 無料で参加が可能
  • XM口座をもっていない人でも受講が可能
  • ネット環境さえあればどこでも視聴が可能
  • PC・スマホどちらでも視聴可能
  • 日本人講師の秋又龍志氏が日本語で講義
  • 毎回ライブ配信される
  • 質疑応答のコーナーがある
  • 受講後にウェビナーで使用されたPDF資料が貰える
  • 受講後にウェビナーで解説されたインジケーターが貰える
  • 基本的に、毎週2回開催される
  • 毎回参加登録をする必要がある

無料で参加が可能

XMウェビナーへの参加には費用は一切かかりません。
動画であるウェビナーは、下手な書籍を買うよりもコストパフォーマンスや分かりやすさで優れてます。


XM口座をもっていない人でも受講が可能

XMのウェビナーはメールアドレスさえあれば誰でも参加が可能で、なんとXMで口座を持っていない人でも受講が可能です。
XMで口座を開設するつもりが無い方でも、FXの知識を得るためだけに参加できます。


ネット環境さえあればどこでも視聴が可能

セミナーや講演会といえば、通常は特定の会場で行われるために、距離的な理由で参加を諦めるしかない場合が多いものです。

しかしウェビナーはWEB上で行われるセミナーなので、ネット環境さえあればどこからでも参加が可能です。


PC・スマホどちらでも視聴可能

XMのウェビナーは、PC・スマホどちらからも視聴が可能です。

「大きな画面でじっくり勉強したい」という方はPCを、
「PCを持っていない」「移動中に観たい」という場合はスマホでウェビナーを視聴しましょう。


日本人講師の秋又龍志氏が日本語で講義

海外FX業者の教育コンテンツは、日本語に対応していない場合が多いですが、XMのウェビナーは、日本人講師の秋又龍志氏が日本語で講義を行います。

解説内容も日本人向けになっているので、日本の教育コンテンツを見るのと変わらない感覚で受講できます。


毎回ライブ配信される

XMのウェビナーは毎回ライブ配信されています。

生放送ならではハプニングも稀にありますが、実際のリアルタイムチャートを使って解説をしてくれるのは大きな利点です。

最近では、コロナショックにより相場にも大きな変動がありましたが、そういったタイムリーな出来事も含めて解説をしてくれます。


質疑応答のコーナーがある

XMのウェビナーは、基本的に毎回1時間で終了する予定となっています。
予定していた講義の終了後、時間が余った時は質疑応答コーナーを設け、視聴者の質問を受け付けます。
分からない所を自分で質問すれば回答を得られますし、実際のチャートを使って解説してくれるので、他の人の質問でもとても勉強になります。

ただし、本講義の時点で時間をオーバーする事がほとんどなので、通常回ではあまり質疑応答に期待はできません。

XMウェビナーの第9回と第18回は、まるごと視聴者の質問を受け付ける回となっているので、質疑応答を目当てにする場合は第9回か第18回に参加するがオススメです。


受講後にウェビナーで使用されたPDF資料が貰える

XMウェビナー終了から約1時間後の23時頃になると、参加したウェビナーで使用されたPDFがメールで届きます

見逃したり理解できなかった部分を復習したい時に役立てましょう。


受講後にウェビナーで解説されたインジケーターが貰える

XMウェビナーの第8回と第14回は、移動平均線やフィボナッチの解説となっており、特定のカスタムインジケーターに関する言及や解説があります。

ウェビナー内では「検索するとでてきます」と言っているので見落としがちですが、実はウェビナー終了後に届くメールに、PDFと一緒に言及されたカスタムインジケーターが添付されています

MT4用のインジケーターなのでMT5で取引する人は利用できませんが、MT4で取引している人はすぐに利用して取引をすることが可能です。


基本的に、毎週2回開催される

XMのウェビナーは、基本的に毎週火曜日と水曜日、日本時間の21時から行われます。
受講時間は毎回約1時間となっています。

全18回の講義を2ヶ月半ほどかけて繰り返し解説する形になっていて、見逃した回があっても、また次回に受講する事が可能です。

お盆や年末年始など、祝日にはウェビナーが行われない場合もあります。

開催予定のウェビナーは、XM公式サイトで翌月分まで公開されているので、参加登録ついでにスケジュールを確認しておきましょう。


毎回参加登録をする必要がある

XMウェビナーの唯一のデメリットとして、「複数のウェビナーを観たい場合、参加登録がやや面倒」というのがあります。

ウェビナーのシステム上、参加希望する回のウェビナーに、1つずつ参加登録をしなくてはなりません

1つ1つの参加登録自体は非常に簡単ですが、複数の参加申請を出すのは手間がかかりますし、参加登録を忘れていると見逃してしまう場合もあります。

私はほぼば毎回ウェビナーをチェックしているので、毎月月初にその月のウェビナーを全て参加登録をするようにしています。
参加登録だけしておいて、急用により実際には視聴できなくても、特別問題は発生しません。

ただし、実際に視聴していない場合は、ウェビナー終了後に配布されるPDFやカスタムインジケーターは獲得できないのでご注意下さい。


講師の秋又龍志さんってどんな人?

XMウェビナーの講師を行っている秋又龍志氏はどんな人なのでしょうか?

秋又龍志氏は、特別ご自身のブログやSNSは持っていないようで、ネットで検索しても、特に何も出てきません。

視聴者からの質問で個人的な質問をされている事もありますが、「自分がどんな人間かはトレードと関係ない」として、詳細を話すことはありません。

講義の内容から予測すると、話のネタにマジンガーZが出てくるため、年齢はおそらく50歳前後で、
「やっとネットで取引できるようになった頃に株に興味を持った」などの言及がある事から、投資歴も20年ほどと思われます。


XMウェビナーの参加方法

XMウェビナーの参加方法

海外FXターミナル長ターミナル長

ここからは、XMのウェビナーに参加する具体的なやり方を解説します。
XMウェビナー視聴までの流れ

XMウェビナーに参加登録する

海外FXターミナル長ターミナル長

まずは、XM公式サイトから受講を希望するウェビナーに参加登録を行います。

XMのウェビナーは、基本的に毎週火曜日と水曜日に行っていますが、毎回参加登録をする必要があります。

必要なのは利用可能なメールアドレスだけで、XM口座を保有している必要はありません。

XMウェビナー参加登録は以下の手順で行います。

STEP.1

「XMTRADINGグループのFXウェビナー」を開く

まずは、XM公式サイトのXMTRADINGグループのFXウェビナーというページを開きます。

以下のボタンをクリックで当該ページが開けます。

\ 公式サイトのFXウェビナーが開きます /
XMウェビナーに参加登録する
STEP.2

「参加するウェビナー」をクリック

今後開催予定のウェビナーの一覧が開くので、参加するウェビナーをクリックして下さい。

参加するXMウェビナーをクリック

するとそのウェビナーの詳細と参加登録の入力フォームが開きます。

当該ウェビナーの詳細

STEP.2

「参加するウェビナー」をタップ

今後開催予定のウェビナーの一覧が開くので、参加するウェビナーをタップして下さい。

参加するXMウェビナーをタップ

するとそのウェビナーの詳細と参加登録の入力フォームが開きます。

当該ウェビナーの詳細のスマホ画面

STEP.3

「参加登録の入力フォーム」を入力して「今すぐ登録」をクリック

参加登録の入力フォームに、必要情報を入力していきます。

XMウェビナー登録フォームの入力例

  • 名前 = 例:Taro
    下の名前を半角英数字で入力。
  • 苗字 = 例:Yamada
    苗字を半角英数字で入力。
  • = 例:Japan
    居住国をリストから選択
  • = 例:Tokyo
    居住地の都道府県と市を入力。
  • 携帯電話番号 = 例:+819012345678
    選択した居住地の国番号が自動で入力されているので、続けて電話番号の最初の「0」を抜いて入力。
  • メールアドレス = 例:contact@kaigaifx-terminal.com
    メールアドレスを入力。後でウェビナーの参加メールが届くアドレスになるので、正確に入力するようにして下さい。
  • 私はニュースレターや企業ニュース、商品の最新情報を受け取ることに同意します。 = 例:チェックを入れる
    ウェビナー受講後もXM関連のニュースを受け取る場合はチェックを入れます。チェックしなくてもウェビナーには参加可能です。
  • 今すぐ登録 = ここまでの項目を全て入力できたらクリック

ちなみに、ここで重要なのはメールアドレスだけです。

メールアドレスにはウェビナーへの参加リンク等が送信されるため正確に入力する必要があります
その他、名前や電話番号などの個人情報は、適当に入力しても問題なくウェビナーに参加が可能です。

STEP.3

「参加登録の入力フォーム」を入力して「今すぐ登録」をタップ

上記の手順で表示させたウェビナーの詳細をそのまま下にスクロールしていくと、参加登録の入力フォームが出てきます。
参加登録の入力フォームに、必要情報を順番に入力して下さい。

スマホでのXMウェビナー登録フォームの入力例

  • 名前 = 例:Taro
    下の名前を半角英数字で入力。
  • 苗字 = 例:Yamada
    苗字を半角英数字で入力。
  • = 例:Japan
    居住国をリストから選択
  • = 例:Tokyo
    居住地の都道府県と市を入力。
  • 携帯電話番号 = 例:+819012345678
    選択した居住地の国番号が自動で入力されているので、続けて電話番号の最初の「0」を抜いて入力。
  • メールアドレス = 例:contact@kaigaifx-terminal.com
    メールアドレスを入力。後でウェビナーの参加メールが届くアドレスになるので、正確に入力するようにして下さい。
  • 私はニュースレターや企業ニュース、商品の最新情報を受け取ることに同意します。 = 例:チェックを入れる
    ウェビナー受講後もXM関連のニュースを受け取る場合はチェックを入れます。チェックしなくてもウェビナーには参加可能です。
  • 今すぐ登録 = ここまでの項目を全て入力できたらタップ

ちなみに、ここで重要なのはメールアドレスだけです。

メールアドレスにはウェビナーへの参加リンク等が送信されるため正確に入力する必要があります
その他、名前や電話番号などの個人情報は、適当に入力しても問題なくウェビナーに参加が可能です。

STEP.4

ウェビナー登録完了

入力内容に問題が無ければ、「XMの本ウェビナーにご登録ありがとうございます。ウェビナーの参加方法が記載されたメールがお客様に送付されました。」と表示されます。

XMウェビナー参加登録完了画面

スマホでのXMウェビナー参加登録完了画面

同時に、登録したメールアドレスに以下のようなメールが届きます。

XMウェビナー参加登録確認メール

上記のメールが届けば、XMウェビナーへの参加登録は完了です。

注意

参加登録時に届くメールにある「Join Webinar」というボタンには、ウェビナーに参加するためのURLが含まれています。
このURLは参加者全員に異なるものが割り当てられており、他人と共有することはできません

また、同一人物が複数のツールで同時観る場合も、同一のURLから開くと弾かれてしまう場合があります。

the email address you're re registering is already in use. please register using an alternate email address.

録画のテストをする場合など、複数の端末で見たい場合は、別のメールアドレスを利用して再登録しましょう。


ウェビナーアプリをインストールする

海外FXターミナル長ターミナル長

「初めてウェビナーを視聴する」という方は、ウェビナーの開始前にウェビナーアプリをインストールする必要があります。

インストール方法はPCとスマホで異なります。

PCでXMウェビナーを視聴する方「ウェビナーアプリをPCにインストールする方法」にスキップ
スマホでXMウェビナーを視聴する方「ウェビナーアプリをスマホにインストールする方法」にスキップして下さい。

ウェビナーアプリをインストール済みの場合

ウェビナーアプリをインストールは基本的に初回視聴時にのみ行っておけばOKなので、2回目以降の視聴をする方は後述する「XMウェビナーの視聴を開始する」にスキップして下さい。

ウェビナーアプリをPCにインストールする方法

海外FXターミナル長ターミナル長

まずは、PCにウェビナーアプリをインストールする方法を解説します。

「XMウェビナー開始時間になったら、参加登録メールにあるJoin Webinarをクリックし、アプリをインストールしてそのままウェビナーの視聴を開始させる」という簡易的なウェビナー視聴開始方法もありますが、それだと音が出ないなどの障害が発生する場合があります
XMウェビナーはライブ配信なので、そんな事で聞き逃してしまうのはとてももったいないです。

多少面倒ではありますが、なるべくなら以下の手順で、PC環境のチェックと基本設定を行いながらアプリのインストールを行いましょう。

STEP.1
ウェビナー登録時に届いたメールの「check system requirements」をクリックする

ウェビナーアプリのインストールは、ウェビナー登録時に届いたメールから行います。
メールの中ほどにある「Join Webinar」ボタンの下に、check system requirementsと書いてあるので、そちらをクリックします。

check system requirementsをクリック

すると別ウィンドウが開き、自動的にシステムチェックが行われます。
これは利用中のPC環境がウェビナーの視聴に適しているかのチェックになります。

PC環境に問題がなければ、「Looks good! You can join a webinar.」と表示されます。

ウェビナーの視聴に適している場合のPC画面

STEP.2
「Try a test session」をクリックする

PC環境に問題がないようなら、先程の画面下にあるTry a test sessionをクリックして下さい。

Try a test sessionをクリック

するとまた新しいウィンドウが開くので、Download the appをクリックして下さい。
すると「GoToMeeting Opener.exe」というファイルのダウンロードが開始されます。

ウェビナーアプリのダウンロードボタン

※Download the appをクリックしなくても、自動的にファイルのダウンロードが開始される場合もあります。
その場合はそのままダウンロードが完了するまで待機していればOKです。

STEP.3
「GoToMeeting Opener.exe」開く

上記手順でダウンロードした、GoToMeeting Opener.exeというファイルを開きます。

GoToMeeting Opener.exeを開く

するとウェビナーアプリのインストールが自動的に開始されます。

ウェビナーアプリのインストール画面

インストールは、通常数十秒から1分程度で完了します。

STEP.4
ウェビナーアプリの基本設定を行う

ウェビナーアプリのインストールが完了すると、自動的にアプリが起動します。
ここではアプリの基本設定を行います。


XMウェビナーの聞き取り方法を選択

まずはウェビナーの聞き取り方法を選択します。
「コンピュータ」または「電話」を選択してチェックを入れます。

XMのウェビナーを視聴するだけなら、「コンピュータ」の方が設定も簡単なので、ここでは「コンピュータ」を選択して作業を進めます。

コンピュータにチェックを入れ、保存して続行をクリックして下さい。

XMウェビナーの聞き取り方法を選択


スピーカーをチェックする

オーディオの選択画面が表示されます。
XMウェビナーを視聴するだけなら、マイクは必要ありません。
任意でスピーカーという項目だけ選択して下さい。
横にある(=再生ボタン)をクリックすると、スピーカーから正常に音が出るかテストする事が可能です。

スピーカーが問題なく利用できるようなら、保存して続行をクリックして下さい。

スピーカーを確認して続行


名前を入力する

「ミーティングにはこのように表示されます。」と表示されますが、この設定はXMウェビナーを観るだけなら特に重要ではない設定となります。
マイクカメラはOFFにしておいても問題ありません。

名前は何ですか?という項目にニックネームを入力して、準備できましたをクリックして下さい。

名前を入力して準備完了


ウェビナーアプリを閉じる

以上で基本設定は完了です。
「待機中」と表示されますが、ここまで来たら×をクリックして一旦アプリを閉じ、XMウェビナーの開始時間まで待機して下さい。
⇒「XMウェビナーの視聴を開始する」にスキップ

ウィンドウを閉じる


ウェビナーアプリをスマホにインストールする方法

海外FXターミナル長ターミナル長

スマホでウェビナーに参加する場合は、各端末のアプリストアから「GoToWebinar」というアプリをインストールします。
iPhoneを利用している場合

iPhoneの方は以下のボタンをタップして、App StoreのGoToWebinarページに進んで下さい。

androidを利用している場合

androidの方は以下のボタンをタップして、Google PlayのGoToWebinarページに進んで下さい。

Google Play で手に入れよう
ウェビナーアプリのインストール後は放置でOK

スマホの場合、ウェビナーアプリのインストール後は特に何も設定しなくてOKです。
アプリを開いても問題ありませんが、XMのウェビナーを観るだけなら、ユーザー登録やサインインなども特にする必要はありません。

あとはウェビナーの開始時間になるのを待ちましょう。


XMウェビナーの視聴を開始する

XMウェビナーは、開始の1時間前にリマインダーメールが届き、ウェビナー画面を開くことができるようになります。
講師の秋又龍志氏も15分ほど前から待機しているようで、ウェビナーの画面もそこで切り替わります。

開始時間になるまで始まることは無いので焦る必要はありませんが、こちらもなるべく5分ほど前からウェビナーの視聴を開始しておきましょう

ウェビナー終了前であれば遅れて参加する事も可能ですが、冒頭で軽く今の相場に関する秋又氏の所感も述べられるため、なるべくなら最初から視聴するようにしたいところです。

海外FXターミナル長ターミナル長

それでは、XMウェビナーの視聴開始方法を解説します。
ウェビナーの視聴を開始する方法は、PCもスマホも手順は同じです。

ウェビナーの視聴開始方法は、メールの「Join Webinar」ボタンを押すだけ

ウェビナーの視聴を開始するには、ウェビナー参加登録時に届くメールに記載されているJoin Webinarというボタンをクリックして下さい。
※参加登録メール以外にも、ウェビナー開始の1時間前と24時間前にリマインダーメールが届きますが、そちらから参加する事も可能です。

Join Webinarボタン

「Join Webinar」をクリックすると自動的にウェビナーアプリが開き、ウェビナーの視聴が開始されます。
(起動するアプリの選択が求められた場合は、「GoTo Opener」または「GoToWebinar」を選択して開きます)

ウェビナーの視聴を開始するには、ウェビナー参加登録時のメールに記載されているJoin Webinarというボタンをタップして下さい。
参加登録メール以外にも、ウェビナー開始の1時間前と24時間前にリマインダーメールが届きますが、そちらから参加する事も可能です。

スマホでのJoin Webinarボタン

「Join Webinar」をタップすると自動的にウェビナーアプリが開き、ウェビナーの視聴が開始されます。
(アプリの選択を求められた場合は「GoToWebiner」を選択して下さい)

ウェビナーの参加に成功していると、以下のようにウェビナーが開始されます。

XMウェビナー開始画面


XMウェビナーの録画方法

XMウェビナーの録画方法

海外FXターミナル長ターミナル長

XMのウェビナーは、配布や複製が禁止されているのでご注意下さい。

XMのウェビナーは過去動画の配信は行っていないため、講義内容を確認するには、自分自身でウェビナーに参加するしかありません。

「個人的に後から復習したい」という方は、無料で配布されている録画ツール等を利用すれば、動画の録画を行うことは可能です。

ここでは、端末ごとに利用可能な無料録画ツールとその使い方を解説します。

端末別の録画方法一覧

▼各項目をクリックでスキップが可能です。

注意

当記事では、全て無料で利用できる録画ツールを紹介しています。
筆者が試してみた際は特に問題なく録画できましたが、評判を調べていると、一部不具合の報告も出ています。

無料ツールであるだけに、使用環境によっては正常に動作しない場合もあるようですのでご注意下さい。


PCでウェビナーを録画する

海外FXターミナル長ターミナル長

PC用の録画ソフトは検索すると色々出てきますが、使いやすさや軽さで優れる「Apowersoft」の「フリーオンラインPC画面録画ソフト」がオススメです。
ここでは、ApowersoftのフリーオンラインPC画面録画ソフトの使い方を解説します。
MEMO

使用中のPC環境にもよりますが、PCの音量を0にしていると、録画したウェビナー動画の音量も0になる場合があります

録画中、ウェビナーの音を出さずに録画したい場合は、イヤホンを挿して音量を上げれば、無音でも大きな音量で録画ができます。
これもPC環境によって異なる可能性はありますが、音量でお悩みの方はお試し下さい。

STEP.1

「Apowersoft」の「フリーオンラインPC画面録画ソフト」ページを開く

まずは「Apowersoft」の「フリーオンラインPC画面録画ソフト」ページを開きましょう。
以下のボタンから該当ページに進むことが可能です。

\ 無料で利用可能です /
Apowersoftの録画ツールはコチラ

この録画ツールは、毎回サイトから起動する必要があります。
なるべくなら上記リンク先でブックマークしておきましょう。

STEP.2

「録画開始」をクリックする

上記リンク先に進んだら、録画開始というボタンをクリックします。

録画開始ボタンをクリック

「アプリケーションを使用」というボタンは有料版のインストールボタンなのでクリックしないように注意して下さい。

STEP.3

アプリをインストールして起動する

初めてこのツールを利用する場合は、録画ツールの起動アプリをインストールする必要があります。

まだアプリを持っていない場合は「Apowersoft Online Launcher.exeを開きますか?」と表示されますが、これはキャンセルをクリックしてメッセージを閉じて下さい。

既にアプリを持っている場合は「Apowersoft Online Launcherを開きますか?」と表示されるので、Apowersoft Online Launcherを開くをクリックして下さい。(←この場合はアプリが自動的に起動するので、後述の範囲を指定して録画を開始するにスキップして、録画を開始して下さい。)

アプリを開くボタンとキャンセルボタン

アプリを持っていない場合は、先程クリックした「録画開始」ボタンの上に「録画を開始する前に起動ツールをダウンロードしインストールしてください。」と表示されます。(←メッセージ表示まで、読み込みに数秒かかる場合があります)
起動ツールをダウンロードをクリックして下さい。

起動ツールをダウンロード

すると録画ツール起動アプリのインストールファイル「Apowersoft Online Launcher.exe」のダウンロードが開始されます。

Apowersoft Online Launcher.exeがダウンロードできたら、そのまま開いてアプリのインストールを行って下さい。

ダウンロードしたファイルを開く

インストールが完了すると、自動的に録画アプリが起動します。

STEP.4

録画範囲を指定してを開始する

アプリが起動すると、録画範囲を指定する赤い枠が表示され、アプリを操作するパネルが表示されます。

録画ツールの起動画面

まずは赤い枠の角の部分をドラッグ&ドロップで録画範囲を指定します。

XMウェビナーの録画をする場合は、チャート等の小さな文字が表示される場合があるので、大きな画面で録画するのがオススメです。
操作パネルのフルスクリーンをクリックして、全画面を指定しましょう。

XMウェビナーはフルスクリーン録画がオススメ

STEP.5

「REC」をクリックして録画を開始する

範囲の指定ができたら、ウェビナー画面を開きます。
ウェビナー画面もフルスクリーンにしておくのが良いでしょう。

録画の準備が出来たら、操作パネルのRECをクリックして下さい。

RECをクリックしてウェビナーの録画を開始

「REC」をクリックすると、3秒からカウントダウンが始まり、録画が開始されます。

録画の終了方法

ウェビナーが終了したら、録画を終了させます。

操作パネルのをクリックすると、録画を終了させることができます。

ウェビナーが終了したら録画を終了する


XMウェビナー動画の保存方法

録画を終了させると、「録画を保存」というウィンドウに切り替わります。
まずは画面右下にあるビデオファイルを保存をクリックして下さい。

ウェビナーの保存はここから

続いて、保存形式を選んでクリックします。
XMウェビナーの場合はビデオファイルを選択して下さい。

ビデオファイルをクリック

この時点で自動的にファイルが作成され、使用中のPCに録画したウェビナー動画が保存されています。
念のため、フォルダを開くをクリックして、保存されているかの確認と、保存場所の確認を行いましょう。

ウェビナーの保存先を確認

海外FXターミナル長ターミナル長

「ビデオファイル」をクリックした時点でファイルが自動的に作成され、ウェビナー動画も自動的に保存されます。
最初はどこに保存されているのか分からなくなるので、よく確認しましょう。

基本的には、PCのドキュメントフォルダに「Apowersoft」というフォルダが作成され、その中にある「Apowersoft Online Screen Recorder」というフォルダ内に動画が保存されます。
筆者の場合は、「ユーザー > ユーザー名 > Onedrive > ドキュメント > Apowersoft > Apowersoft Online Screen Recorder」という場所に保存されていました。

保存場所はPC環境によって変わるので、ウェビナー動画を保存する際には保存場所の確認、およびコピペによる保存場所の変更を行いましょう。

ウェビナー動画を無料でクラウドに保存する事も可能

ビデオファイル保存の際、「クラウドにアップロード」というボタンも表示されています。

こちらはApowersoftに会員登録すると利用可能になるサービスで、クラウドにウェビナー動画を保存する事が可能です。
会員登録は無料で行うことが可能なので、PC側の容量に不安のある方は利用しましょう。


クラウドへウェビナー動画を保存する手順

以下の画像のように、ウェビナー動画を保存する場面でクラウドにアップロードをクリックすると、Apowersoftへのログイン画面になります。

クラウドにアップロードボタン

Apowersoftアカウントを保有済みの場合は、メールアドレスパスワードを入力してログインし、クラウドへの保存を行えます。

Apowersoftアカウントを持っていない場合は、登録をクリックして無料会員登録を行えます。

Apowersoftログイン画面


Apowersoftアカウントの新規登録方法

新規登録の手順はやや煩雑なので、以下の手順で入力作業を行って下さい。

  1. メールアドレスを入力 = 例:contact@kaigaifx-terminal.com
    ⇒利用可能なメールアドレスを入力します。
  2. パスワードを入力 = 例:abcd1234
    ⇒半角英数字のパスワードを自分で決めて入力します。
  3. 取得をクリック
    ⇒入力したメールアドレスに認証コードを送信します。このボタンをクリックしてから60秒以内に認証コードを入力する必要があるので注意して下さい。
    メールアドレスとパスワードを入力して認証をクリック
  4. 認証コードを入力 = 例:1234
    ⇒入力したメールアドレスに「Apowersoft認証コード」というタイトルのメールが届くので、記載されている4桁の認証コードを入力して下さい。
  5. 登録をクリック
    ⇒全て正しく入力出来たらクリックして下さい。
    認証コードを入力して登録をクリック

上記の入力作業が問題なく完了すると、再度ログイン画面が表示されるので、登録したログイン情報を入力してログインして下さい。


Apowersoftログイン後の保存手順

ログインできたら以下のようにアカウント情報が記載された画面が表示される場合があります。
この画面は×をクリックして閉じてしまってOKです。

アカウント情報

すると以下のように、動画の詳細情報を入力する画面が表示されます。
タイトルなど任意で入力して、発表をクリックして下さい。

発表をクリックしてウェビナー動画を保存

問題なくウェビナー動画の保存が完了すると、以下のように「アップロードに成功した」と表示されます。
完了をクリックして画面を閉じましょう。

完了をクリック

以上でクラウドへのウェビナー動画の保存は完了です。


無料でクラウドに保存できる容量は2GBまで

保存したウェビナー動画はApowersoftのRecCloudにログインすると観ることができます。

RecCloud無料版の保存容量は2GBとなっています。
XMウェビナーをフルで録画すると一本につき140~150MB程度が必要になるので、XMウェビナーだけを保存していれば、約13本前後まで無料で保存が可能です。

XMウェビナー過去動画を無料で保存できる容量は2GB

全てのウェビナーを保存するには少し足りませんが、容量調節のために一時的に保存しておく場合や、大事な回だけバックアップをとっておく場合などには十分な容量となっています。


iPhoneでウェビナーを録画する

海外FXターミナル長ターミナル長

iOS 11以降のiPhoneを利用している方は、特にアプリなどをインストールしなくても、XMウェビナーを録画する事ができます。
ここでは、iPhoneでウェビナーを録画する方法を解説します。
iPhoneでウェビナーを録画する流れ
  1. コントロールセンターに「画面収録」ボタンを追加する
  2. 収録音声を内部音声のみ録音できるように設定する
  3. コントロールセンターの「画面収録」ボタンをタップする
  4. ウェビナーの録画を停止させて保存する
MEMO

iPhoneでの録画機能は、途中で録画が切れる、音声が途切れるなどの不具合が発生する事があります

これはiPhoneに負荷が高くかかると発生しやすいと言われています。
「ウェビナーの録画を開始する前にiPhoneの再起動をしておく」、「録画中に他のアプリの起動や切り替えをしない」などで負荷を減らすようにしましょう。


コントロールセンターに「画面収録」ボタンを追加する

iPhoneでウェビナーを録画するには、まずコントロールセンターに「画面収録」のボタンを追加する必要があります。

「画面収録」ボタンの追加は以下の手順で行って下さい。

▼まずは設定アプリを起動します。

iPhoneの設定アプリを開く

▼設定アプリを開いたらコントロールセンターをタップします。

コントロールセンターをタップ

▼続いて、コントロールをカスタマイズをタップします。

コントロールをカスタマイズをタップ

▼続いて、画面収録をタップしてコントロールセンターに追加します。

画面収録をタップ

▼コントロールセンターに(=画面収録ボタン)が追加されます。

コントロールセンターに画面収録ボタンが追加されます


収録音声を内部音声のみ録音できるように設定する

録音を開始する前に、外部音声の収録機能がOFFになっているか確認しましょう。

「外部音声」とは、録音している自分の話し声や周囲の音の事で、iPhoneのマイクを利用して録音されます。
外部音声の録音は主にゲーム実況をする場合などに利用されるもので、XMウェビナーのような講義の録画には邪魔になります。

iPhoneから出る音(=内部音声)のみ録音されるようにするには、以下の手順で設定の確認・変更を行います。

▼コントロールセンターを開いて、(=画面収録ボタン)を長押しします。
(3D Touchが搭載されている機種ではボタンを強く押します)

画面収録ボタンを長押し

(=マイクボタン)をタップして、オフに切り替える

マイクをタップしてオンオフ切り替え

▼マイクがオフになっていれば、外部音声は録音されなくなります。

マイクがオフなっていればOK


コントロールセンターの「画面収録」ボタンをタップする

ここまでで、XMウェビナー録画前の準備は完了です。

ここからはいよいよウェビナー動画の録画をしていきます。
XMウェビナーが開始されたら、以下の手順で録画を行って下さい。

▼コントロールセンターの(=画面収録ボタン)をタップします。

iPhoneの画面収録をタップ

▼3秒前からカウントダウンが始まり、録画が開始されます。

カウントダウン後にウェビナー録画が開始

▼録画中はiPhone画面上部のステータスバーの一部または全部が赤く表示されます。
(機種により、見た目が多少異なります。)

ウェビナー録画中はステータスバーが赤いiPhone


ウェビナーの録画を停止させて保存する

XMウェビナーが終了したら、録画を停止させて動画を保存しましょう。
録画の停止・保存は以下の手順で行います。

ステータスバーの赤く表示されている部分をタップします。

iPhone画面上部赤い部分

▼「画面収録を停止しますか?」と表示されるので、停止をタップします。

画面収録の停止をタップ

▼「画面収録ビデオを”写真”に保存済み」と表示され、写真アプリ内にウェビナー動画が保存されます。

ウェビナーの録画と保存の完了


androidでウェビナーを録画する

海外FXターミナル長ターミナル長

android端末の録画アプリは検索すると色々出てきますが、「AZ スクリーン レコーダー」というアプリが使いやすくオススメです。
ここでは、android用の録画アプリAZ スクリーン レコーダーの使い方を解説します。
androidでウェビナーを録画する流れ
  1. 「AZ スクリーン レコーダー」をインストールする
  2. 録画可能時間を確認する
  3. 録画ボタンをタップして録画を開始する
  4. ウェビナーの録画を停止させて保存する
MEMO

Googleのポリシーにより、android端末では内部音声のみを録画する事はできません。

そのためandroid端末でXMウェビナーの録画をする場合は、話し声や周囲の雑音などの外部音声が一緒に録音されてしまうことを留意して録画を行いましょう。


Google Playで『AZ スクリーン レコーダー』をインストールする

まずはGoogle Playで「AZ スクリーン レコーダー」で検索するか、以下のボタンからアプリのインストールページに進んで下さい。

Google Play で手に入れよう

▼AZスクリーンレコーダーのページに進んだら、インストールをタップして、アプリをインストールして下さい。

アプリのインストールボタンをタップ

▼情報アクセス項目を確認して同意するをタップします。

androidスマホアプリのアクセス情報を確認して、同意するをタップ

アプリのインストールが完了すると、AZスクリーンレコーダーのロゴマークが付いた操作ボタンが画面上に表示される場合があります。

このボタンが邪魔になる場合は、操作ボタンをドラッグすると表示される×にドロップする事で、操作ボタンを消すことが可能です。

録画アプリ操作ボタンの消去方法

逆に操作ボタンを呼び出す場合は、AZスクリーンレコーダーアプリを起動すると再度表示されます。

録画可能時間を確認する

実際にXMウェビナーの録画を開始する前に、スマホの空き容量を確認して、ウェビナーがちゃんと保存できるか確認しておきましょう。

動画の保存可能時間は、AZスクリーンレコーダーアプリで確認が可能です。

▼AZスクリーンレコーダーを起動して操作ボタンをタップして下さい。

androidスマホで録画アプリの操作ボタンをタップ

▼メニューが表示されたら、(=アプリボタン)をタップします。

録画アプリボタンをタップ

(=動画タブ)を開くと、画面下部に録画可能時間が表示されます。

androidスマホに録画可能時間が表示される

XMウェビナーは基本的に1時間の予定で行われますが、多くの場合は時間を10~15分ほど終了時間をオーバーします。

余裕を持って録画できるように、XMウェビナー開始前にスマホの空き容量を調整しておきましょう。
できれば1時間30分程度の空き容量を確保しておきましょう。


録画ボタンをタップして録画を開始する

XMウェビナーの開始時間になったらウェビナー視聴アプリを開き、録画アプリで録画を開始します。

▼AZスクリーンレコーダーを起動して操作ボタンをタップして下さい。

androidスマホで録画アプリの操作ボタンをタップ

▼メニューが表示されたら、(=録画ボタン)をタップして録画を開始します。

録画ボタンをタップ

▼録画の開始を知らせる画面が表示されたら、「Don’t show again(=次からこの画面を表示させない」)のチェックボックスに任意でチェックを入れて下さい。
今すぐ開始をタップすると録画を開始します。

今すぐ開始をタップすると録画開始

▼録画ボタンをタップすると3秒前からカウントダウンが始まり、録画が開始されます。

カウントダウン後にウェビナーの録画が開始される

▼録画中は「操作ボタン」に録画時間が表示されます。

録画アプリ操作ボタンに時間が表示されたandroidスマホ


ウェビナーの録画を停止させて保存する

XMウェビナーが終了したら、アプリの録画を停止させて、動画を保存します。

▼まずは操作ボタンをタップして下さい。

ウェビナー録画中にアプリ操作ボタンをタップ

▼メニューが表示されたら、■(=録画停止ボタン)をタップして録画を停止します。

録画停止ボタン

▼録画を停止させると自動的に動画が保存され、「動画を保存しました」と表示されます。
×をタップしてこの画面を閉じましょう。

ウェビナー動画の保存完了のandroidスマホ画面


録画したウェビナー動画を視聴する方法

録画したウェビナー動画は、android端末内のファイル内に保存され、ギャラリーやフォトアプリ等から視聴する事が可能です。

動画が見つからない場合は、AZスクリーンレコーダーアプリから視聴しましょう。
ここではAZスクリーンレコーダーアプリから、録画したウェビナー動画を視聴する方法を解説します。

▼まずは、メニューから(=アプリボタン)をタップします。

録画アプリボタンをタップ

(=動画タブ)を開くと、録画した動画の一覧が表示されます(広告が表示される場合もあります)。
視聴したい動画をタップすると、その動画の再生が始まります。

視聴するウェビナー動画をタップ

動画の一覧から(=メニューボタン)をタップすると、編集画面に入る事も可能です。
余計な部分をカットしたい場合などに利用しましょう。

ウェビナー動画の編集開始ボタン


XMウェビナーまとめ

XMウェビナーまとめ

XMのウェビナーはかなり質が高く、下手な書籍やYouTubeを見るよりずっとタメになります。
少しでもFXの知識を深めたい場合は、特定の回だけでも良いので、試しに参加してみて頂きたいと思います。

XMで口座を持っていなくてもウェビナーは受講できますが、新規口座開設すると3,000円分のボーナスが獲得できるので、こちらも利用を検討してみて下さい。

▼XMの口座開設方法は以下の記事で解説

XM口座開設方法XM口座開設方法|開設前に確認したい4つの事【2020年版】

▼XMのボーナスプロモーションの詳細は以下の記事で解説

XMボーナスは口座開設・入金・ポイント交換で獲得XMボーナス解説|口座開設/入金/ポイントで獲得!消滅や復活は?

海外FXターミナル長ターミナル長

最後までお読みいただきありがとうございました!
分からない事があったら、当記事下のコメント欄から、気軽に質問して下さいね。
それでは、また次回お会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です